<del id="59z3r"></del>
<ruby id="59z3r"></ruby>
<strike id="59z3r"><dl id="59z3r"></dl></strike>
<noframes id="59z3r">

日本版エグゼクティブ教育研究会 第3期会員募集のご案内 日本版エグゼクティブ教育研究会 第3期会員募集のご案内


【名称】
2019年度(第3期)?日本版エグゼクティブ教育研究会
【座長?講師】
伊藤邦雄氏(一橋大学大学院 経営管理研究科 特任教授)
八木洋介氏(people first 代表取締役)
ゲスト:複数の著名企業の経営者、専門家を予定
【活動期間】
2019年6月~2020年3月
【開催会場】
定例会?経営者講演会は東京?大手町。合宿は東京都内を予定。
【おもな活動内容】
1. 定例会へのご参加(年4回)
2. 経営者講演会へのご参加(年3回)
3. 研究会合宿へのご参加(年1回、1泊2日の宿泊費?食事代を含みます)
4. 1on1?#20114;氓伐紲螅?#24180;2回)
5. 関連講座、シンポジウム等へのご招待
6. エグゼクティブ教育に関?#24037;毳ⅴ螗暴`トレポー?#21462;?#22577;告書、議事録の提供
【会費】
● 年会費 2,000,000円(消費税別)
● 参加人数 1社2名
ただし、研究会(定例会?経営者講演会)は会員企業から2名、合宿は1名の参加が可能です。関連講座は会員企業から1名の参加が可能です。シンポジウムには会員企業に複数名の優先参加枠を設定します。
※定員20法人。入会には審査があります。
※研究会への代理参加は同一法人の方で、事前申請により可能です。
※合宿には会員1名様分の1泊分宿泊費と滞在中の食事代を含みます。もう1名様は宿泊実費のご負担により、ご参加いただけます。
※心おきなく闊達な意見交換を行なっていただくため、登録者全員には守秘義務を遵守?#24037;毪長趣摔?#21516;意の上、ご参加いただきます。

<お問い合わせ>
「日本版エグゼクティブ教育研究会」?#32862;?#23616;
日本経済新聞社人材教育事業局
住所:東京都千代田区大手町1-3-7 〒100-8066
電話:03 (6256) 7350 (9:30~17:30 年末年始、土日祝日を除く)
E-mail:[email protected]

日本版エグゼクティブ
教育研究会の概要OVERVIEW



日本経済新聞社は変革の時代に挑む経営人材育成を目的に2017年、「日本版エグゼクティブ教育研究会?#24037;?#30330;足しまし?#20426;?#20225;業の持続的成長に欠かせない人と組織の経営的課題の解決に取り組んでいます。


企業経営?コーポレートガナバンス研究の第一人者で、サク?#20114;伐紲螗抓楗螅?#24460;継者計画)に豊富な知見を持つ伊藤邦雄氏(一橋大学大学院特任教授)が座長を務めます。また八木洋介氏(people first代表取締役)をはじめ、テーマ別に企業トップや専門家を招き、1年間を通して活動します。


研究会では、エグゼクティブ教育やサク?#20114;伐紲螗抓楗螭?#35373;計や実践方法について理解を深めます。ま?#20426;?#22793;革の時代に求められる経営リーダーの資質?要件、経営幹部候補の選抜?育成?配置、さらには指名報酬委員会といったガバナン?#24037;?#20181;組みの活用など、経営人材育成に関連?#24037;?#26368;新情報を得ることができます。


座長?講師?会員間の交流?コミュニケーションで、強いネットワークを築くことができます。同じ問題意識を持つ参加企業との活発な意見交換、事例の共有を通して、自社の課題解決への糸口を見出していただきます。他の期の会員企業との交流の場も用意しています。

講師紹介LECTURERS

  • 伊藤邦雄氏

    伊藤邦雄氏(いとう くにお)

    一橋大学大学院 経営管理研究科 特任教授、一橋大学CFO教育研究?#20114;螗咯`長

    1975年一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科長?商学部長、一橋大学副学長を歴任し?#20426;?#20013;央大学大学院戦略経営研究科特任教授。経済産業省プロジェク?#21462;?#25345;続的成長への競争力とイン?#20114;螗匹%幀?#20225;業と投資家の望ましい関係構築~?#24037;扦?#24231;長を務め、最終報告書(伊藤レポート)は海外でも大きな反響を呼び、その後の日本のコーポレートガバナンス改革を牽引し?#20426;?#32076;済産業省「コーポレート?ガバナンス?システム研究会」委員、内閣府「未来投資会議?構造改革徹底推進会合」委員、東京証券取引所「企業価値向上表彰制?#20219;?#21729;会」委員長などを務める。三菱商事、東京海上ホールディング?#24037;勝嗓?#31038;外取締役を歴任し、現在、?#20114;芝螅Εⅴ?ホールディングス、東レ、小林製薬、曙ブレーキ工業の社外取締役を務める。

  • 八木洋介氏

    八木洋介氏(やぎ よう?#24037;保?/h3>

    people first 代表取締役

    1980年京都大学経済学部卒業。日本鋼管(現JFEスチール)入社。92年マサチュー?#20114;氓?#24037;科大学(MIT)スローン経営大学院で修士号(MBA)を取得。99年よりGEにおいて日本およびアジアの人事責任者を歴任。2012年4月よりLIXILグループ執行役副社長(人事?総務担当)。全世代を対象としたリーダーシップ研修の立ち上げ、女性の活躍などを多角的に推進し?#20426;?7年1月people firstを設立し、代表取締役に就任。株式会社ICMG取締役。著書に「戦略人事のビジョン 制度で縛る?#30465;ⅴ攻醛`リーを語れ」(光文社新書?共著)がある。人事のスペシャリストとして、常に明確で強いメッセージを発信し続ける著名なトップエグゼクティブのひとり。


研究会のおもな
活動内容CURRICULUM



1.定例会?合宿 経営者講演会



自社の課題を知り
解決のヒントをつかむ


定例会?合宿(サク?#20114;伐紲螗抓楗?経営人材育成に関?#24037;?#35342;議)
座長?講師からサク?#20114;伐紲螗抓楗?経営人材育成に関?#24037;?#30693;見を得ると共に、会員同士が情報を共有しながら、次代を担う人材を育てる戦略?仕組み作り、実行策について議論します。7月には合宿も開催し、徹底的な議論とあわせ交流も深めます。


経営者講演会(経営視点で見た人事戦略に関?#24037;?#30693;見の習得)
著名企業の経営者をゲストに招いて、経営戦略と連動した組織?人事の考え方、実践の事例を講義いただきます。講義に続いて行なうQ&A?#20114;氓伐紲螭扦稀?#33258;社の課題解決のヒントをゲストから直接引き出?#24037;長趣扦蓼埂?/font>
2.アドバイス

座長、講師と直接対話
会員相互のピアコーチング


自社が目指す経営人材育成の体?#24213;鰥輟?#32068;織変革、強いリーダーシップの発揮方法、タレントマネジメン?#21462;?#31038;長をはじめ経営陣の人事を議論?#24037;?#25351;名委員会の設置?運営などについて、幅広い経験と知識豊富な座長?講師陣が具体的事例を交えながら本質を突くアドバイ?#24037;頦筏蓼埂?#20234;藤座長?八木講師とそれぞれに個別面談の機会も設け、一対一(1on1)でより深いアドバイ?#24037;?#24471;られます。会員同士で課題を共有し、情報交換?#24037;?#27573;階を経て、自社の実践経験から他のメンバーにピアコーチング?#24037;?#27573;階へと強い信頼関係が構築されます。
3.講師陣

年間を通じた充実のゲスト講師陣

研究会では年間を通じ、経営者をはじめ様々なゲスト講師を招いています。年に約3回を数える経営者講演会では、最前線に立つ企業トップに、自身の経験を基に経営人材の育成や取締役会をはじめ組織運営の要諦を語ってもらいます。講演会以外にも定例会や合宿に随時専門家を講師に招き、役員報酬やグローバル人事についての知見を深めます。

【2017年度?2018年度の主なゲスト講師?#20426;?#20116;十音順/肩書は登壇当時
石村 和彦氏(AGC旭硝子(現AGC)取締役兼会長)
川上 徹也氏(元パナソニック代表取締役副社長)
河田 正也氏(日清紡ホールディングス 代表取締役社長)
櫛笥 隆亮氏(ウイリス?タワーズワトソン ディレクター)
國分 文也氏(丸紅 代表取締役社長)
櫻田 謙悟氏(SOMPOホールディングス グループCEO 代表取締役社長 社長執行役員)
澤田 道隆氏(花王 代表取締役 社長執行役員)
志賀 俊之氏(日産自動車 取締役)
新宅 祐太郎氏(テルモ 顧問(前代表取締役社長CEO))
髙橋 秀行氏(みずほ総合研究所 代表取締役社長)
淡輪 敏氏(三井化学 代表取締役社長)
佃 秀昭氏(エゴンゼンダー パートナー)
西井 孝明氏(味の素 代表取締役 取締役社長 最高経営責任者)
松﨑 正年氏(コニカミノル?#20426;?#21462;締役 取締役会議長)
安田 結子氏(ラッ?#20114;?レイノルズ マネージング?ディレクター)
山本 良一氏(J.フロントリテイリング 取締役兼代表執行役社長)
4.資料?データ

エグゼクティブ教育の実態を把握

自社のサク?#20114;伐紲螗抓楗螭丐?#29694;状の取り組みや課題などを日本経済新聞社が会員に個別ヒアリングします。会員からヒアリングした情報は、①全体の情報から抽出した重要点を研究会や合宿で議論?#24037;毪郡帷ⅱ?#20844;開可能な情報に編集し、レポートにまとめて会員間でシェア?#24037;毪郡帷ⅱ?#24231;長?講師からのアドバイ?#24037;韋郡帷ⅳ?#21033;用します。ま?#20426;?年間の研究会での議事内容、会員からの個別ヒアリングの情報、企業事例などをまとめた活動報告書を会員に提供します。自社のサク?#20114;伐紲螗抓楗螭?#23455;効性を高めるための有益な資料としてご活用いただけます。
5.関連講座シンポジウム

関連講座で知識?情報の補完

関連講座
経営層?ビジネスリーダーに必要な最新情報の獲得?交流の場として、厳選した関連講座にご招待(一部はご優待)します。代理参加も可能なため、会員企業内で機会を共有?#24037;毪長趣?#21487;能です。2019年度の開催内容が正式決定しましたら、会員には随時ご案内します。


シンポジウム
「エグゼクティブ教育?#24037;頷譬`マに、企業経営者や学者、専門家を迎え、企業活力を高め、競争力を強化?#24037;毪郡幛?#32076;営人材の教育や選抜方法、仕組み作りなどについて議論します。エグゼクティブ教育についての現状と問題点、定着を阻害?#24037;?#35201;因の把握、求められる教育などについて、意見交換の場も用意?#24037;?#20104;定です。シンポジウムの参加は一般公募となりま?#24037;?#20250;員は優先してご参加いただけます。

青海快三开奖时间
<del id="59z3r"></del>
<ruby id="59z3r"></ruby>
<strike id="59z3r"><dl id="59z3r"></dl></strike>
<noframes id="59z3r">
<del id="59z3r"></del>
<ruby id="59z3r"></ruby>
<strike id="59z3r"><dl id="59z3r"></dl></strike>
<noframes id="59z3r">